How to トラブル予防、かいけつ!

メディア等で取り上げられた日常の「トラブル」「困りごと」の回避・予防を、できれば解決方法をまとめて記載するベージです!

フェイスブック

フェイスブック 職場の人間との利用によるトラブル事例と対処

フェイスブックの日本での会員数の伸びは世界でも有数で、2012年で約1700万人弱に
達していることは以前の記事でもお伝えしました。
しかし急激な進展で利用方法・マナーが成熟していない為か、ソーシャルメディア
・ハラスメント
というトラブルが職場で増えているそうです。

 トラブル事例①上司が部下に「友達申請」                  

a1640_000190_m ・部下サイド
  友人とのやりとりを見られたくないなどの理由で、
  申請は困る。女性、若年層ほど悩む傾向がある。

 ・上司サイド
  部下との意思疎通を図りたい、距離を縮めたい等の
  意図で申請するも承認されず「嫌われているのでは
  ないか」と悩むことに。


 トラブル事例②フェイスブック上、友達になった場合            

a0002_004054_m
 ・フェイスブック上での他の友人とのやりとりを
  職場で話題にされ不快感

 ・休日や勤務時間以外の行動を知られている
   事を職場での会話の中であらためて認識し
  プレッシャーを感じる。


 フェイスブックによる職場での人間関係トラブルを避けるために    

  ①友達」申請が招く結果を認識した上で申請する
     通常の会社生活では簡単には知り得ない情報を自動的に知ることになる事を
     そして相手にその承認を求める行為であることを理解した上で申請する必要が
     あります。
     相互の立場、人間関係によっては、申請がマイナスにはたらく可能性があります。

  ②プライベート情報の取扱に注意
     フェイスブックはインターネット上のサービスであるので、投稿された情報は
     厳密には公開された情報とも言えますが、それでも実際はフェイスブックの
     仕組上、他人が容易知り得ない情報です。 
     故にフェイスブックで知り得た情報を、職場で第三者に知らせる行為は
     トラブルになり得る
ことだと認識しておく必要があります。

  ③現実社会での相手との距離を忘れない
     フェイスブックでの「友達」は当然あくまでソーシャル・メディア上の名称に
     過ぎず、職場でのお互いの立場本来の人間関係を認識してフェイスブックを
     利用する必要があるといえます。
     職場での人間関係である以上、プライベートには踏み込めない領域があることを
     理解しておく必要があります。

 
  ④グループ、プライベート設定を活用してプライベートを極力守る
     プロフィールは上司なら会社での立場上、既に知っている可能性がありますが、
     項目によって「友達」でも見ることができない設定はできます。
     また、特定の友人との投稿は「グループ」機能を利用するのもひとつの方法です。
     グループを「非公開」または「秘密」に設定すれば、グループに参加している人
     以外は投稿を閲覧できません。
     グループ参加資格を出身校OBやクラスメート、サークルなどに設定しておけば、
     職場の人は入ってくることはできません。
 
 



フェイスブック投稿で職場で処分、同じトラブルに遭わない為に!

フェイスブックで気楽に行った投稿で、ごく普通の方がある日突然、悪意なく、トラブルを
引き起こし、ご本人も傷ついた事例があります。
同じようなトラブルに遭遇しないために事例の問題の原因と予防策を確認してみます。

 事例                                        


教室 【事故経緯】
 2012年7月、学校の教諭が保護者を中傷する内容の
 投稿を行った。
 学校へ第三者の方から指摘の連絡入り、
 学校は事実確認を行い、教諭が事実を認め、
 担任を外されるほかの処分を受けた
 

【なぜこのような内容の投稿を行ったのか】
   投稿したご本人は、親しい友人以外は見ないと思い投稿されたとのこと。
   また、実際は保護者の方々への中傷というより、ご自身の愚痴を友人に聞いて
   (見て)もらうための投稿のようです。

【問題に発展した原因】
   フェイスブックの性質、本来の機能を理解せずに使用したため

【同様のトラブルを避けるために】
  ①インターネット上のサービスであることを認識して利用
     更に実名が利用条件であるため投稿の内容に責任を持たなければならない事
     また投稿内容によっては自分にはね返ってくることがあることを認識して利用する     
  ②このケースのように愚痴などを書き込みたい場合はグループ機能を活用
     親しい人だけのグループ設定を行い、そこに投稿すれば、他の人は閲覧でき
     ません。


 事例2                                        

誕生日ケーキ 【事故経緯】
 2012年9月、オランダで地方の町に住む少女が
 フェイスブックに16歳の誕生日パーティーへの
 招待メッセージを投稿したところ、2万5千件以上の
 返信が寄せられ、そして実際に人口1万8千人の
 町に4千人が詰めかけた。
 事前に混乱を予想し、少女家族は避難し、警察が
 機動隊を出動させたところ、一部の暴徒化した者が
 町を破壊するなど警察と衝突し、多大な被害が出た。

【問題化した原因】
   少女が誕生日パーティーの案内をフェイスブックで一部の友達のみに送るのを
   間違えて一般公開で送ってしまった
   事例1で述べました「グループ機能」を利用しようとして、操作を間違ったようです。

日本では大勢の押しかけ・暴動の発生は考え難いですが…】
   投稿間違いで、瞬く間にプライベートな情報がインターネット上に広まることは、
   日本で行っても同じです。
   今回のケースでは、4千人が行動にでて、それを含めた2万5千人が誕生日
   パーティーの案内に返信していますが、それをはるかに上回る多くの人
   少女の住所、名前、誕生日、年齢などの情報を目にしていると思われます。

【同様のトラブルを避けるために】
  ①「一般公開」なのか「グループ」投稿なのか、投稿のボタンをクリックする前に
    もう一度確認する
  ②投稿したら、その場ですぐに意図どおりの区分の投稿となっているか確認する
     間違っていたら「編集」または「削除」をすぐ行う
     時間が経ってしまうと、後で編集や削除を行っても、それまでの間に情報は
     広がり、誰かに取得されてしまいます。

行徳デクラスロゴ角丸

フェイスブック写真投稿楽しいけど要注意!クレームを受けるリスク

フェイスブックの日本国内の会員数が2012年1年間で1100万人増えたそうです。
この増加数は世界の国別ランキングで3番目とのこと(総会員数は1700万人弱)。
スマホで撮影特徴として、携帯やスマホからも気軽に投稿でき、
「友達」とのコミュニケーションが簡単にできること
等があります。ですから撮影したばかりの写真が
よく投稿されています。しかしそこにはトラブルに
発展しかねない写真
もよく見受けられます。




 フェイスブックはインターネット                          

  フェイスブックは基本的に投稿した内容は世間に公開されると考えなければなりません。
  実際、通常のインターネット検索で個人のフェイスブックのページが表示されます。
  ※閲覧メンバーを制限するグループ機能も設けられています

 友人知人でも投稿するとトラブルになる可能性が・・・            

パーティ② 困った事になる可能性があるのは自分以外の人
 顔写真です。
 なぜトラブルになる可能性があるかというと・・・・
 ・その人の行動が他の人に知られてしまう
    その場に居ないことになっている事情がある人も
    いるかも、知られたくない人もいるかもしれません。
    また、ご本人がフェイスブックを利用していなければ
    どのような結果になるか想像つかない場合も。

    
  ・その写真は本人が気に入らない見ばえだった
    写真を撮られていることを本人が知らないケースも多々あります。
    ですから本人とっては他人に見せたくないような表情、格好だったりする
    かもしれません。
    それを自分が知らない「友達」の「友達」にも見られてしまうことにもなります。

 写真へのタグ付け機能のリスク                         
  フェイスブックには写真に写っている各人の名前を入力し、写真の各人にカーソルを
  合わせると氏名表示されるようにする機能があります。
  これはまさに個人情報をインターネット上に公開することになります。
  国によってはこの事から生じるリスクを問題視し、フェイスブックに要請して、
  この機能を使えなくしているそうです。

 クレームで済まない場合も                            
  厳密に言えば、人が持つ権利「プライバシー権」「肖像権」などを侵害してしまうこと
  になりますので、相手との関係、投稿が引き起こした結果によっては民法上「損害賠償」の
  請求を受ける可能性があります。

 肖像権・プライバシー権への配慮例とその理由               
  ニュース番組やバラティ番組などで、ショッピングセンターなどで撮影された映像で
  その場に居合わせたお客さんの顔が判らないようボカシを入れられたものが放映される
  ケースが最近増えてきています。
  ショッピングビル、センターなどは実はテレビ局の取材の申込みが少なからずあります。
  取材を受けることによって宣伝効果のメリットを狙い積極的に受けているかというと実は
  そうではありません。
  取材するテレビ局側に制限を提示し、それが受け入れた場合に撮影を許可しています。
  ですから実現しなかったテレビ側の取材企画もかなりあるのです。
  なぜ商業施設側は制限を設けるのかというと、来場のお客さんの顔が放送されたことに
  よって、ご本人からクレームを実際に受けた例があったり、受けるリスクを事前に回避する
  ためです。
  この種のクレームは解決がかなり困難な事態に発展しているケースもあるらしく
  商業施設も神経を配っています。

 フェイスブックで人間関係を損なったり、クレームを受けない為に       
   ・自分以外の人の顔が写った写真を投稿する場合は事前にご本人の承諾を得る
     または写真を撮る際、投稿用であることを告げる
   ・ご本人の承諾なしに写真に氏名のタグ付けをしない
     前述のとおり個人情報、行動情報をインターネット上に公開することになります
   ・グループ機能を利用する
     限られた人だけで情報を共有するグループ機能を利用し、メンバー全員がお互いに
     親しい関係であるグループに投稿する場合、他人には写真は閲覧できないため、
     事前承諾を得ていない場合でも問題に発展する可能性は小さくなります。

行徳デクラスロゴ角丸
     
  
プロフィール

worksecond